老犬ゴ-ルデンベル親分と保護犬ジニ-のつぶやき日記

ベルくんとの生活

震災から6年8ヶ月

震災から6年8ヶ月を迎えた。

震災前には約1,800世帯の暮らしがあったこの地区。

IMG_4338.jpg

「がんばろう!石巻」看板や「南浜つなぐ館」のある南浜町三丁目

南浜つなぐ館の職員さんが私達に声をかけて下った。

IMG_4339.jpg

実は、今日の午前中に、「がんばろう!石巻」看板を後ろにさげたばかりだと説明を受けました。

この数か月で住宅基礎の解体、盛土、植樹などさまざま動きがあったそうです。

IMG_4340.jpg

雨で水たまりや潮位の影響か水没している場所も。

IMG_4343.jpg

すこし南側の盛土の上に移動

IMG_4344.jpg

本来手前のコンクリ-トの上に設置してありました。

IMG_4345.jpg

ジニ-ちゃも黙祷を捧げました。

IMG_4349.jpg

IMG_4351.jpg

目の前に広がる土地にあの日まで確かに存在した暮らし。

後ろに見えるのは復興住宅です。

IMG_4355.jpg

被災の痕跡が・・・

IMG_4356.jpg

かつての街並みを想像するのは難しくなりました。

IMG_4359.jpg

手を合わせる事しか・・・

ジニ-ちゃんのお顔も・・・。

IMG_4360.jpg

日々変わっていく南浜の復興祈念公園建設予定地。

南浜つなぐ館の職員さんが言っておりました。

南浜つなぐ館も今後どうなるかわからないそうです。

みなさんの寄付で出来たつなぐ館。

復興祈念公園の中に、ありのままの姿で残して欲しいと思います。

IMG_4362.jpg

ベル&ジニ-家に流れ着いた物置。

なぜか、今日この場所を見たら、思いだしました。

DSCN3056.jpg

DSCF0272.jpg

あの日まで確かに存在した暮らしが・・・合掌

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

記憶

今日は震災から6年7ヶ月。

復興工事が進む横を車で通過していたら・・・あのときの被災状況が脳裏に・・・

こんな巨大タンクが道路のど真中に流されていたな~と・・・

なぜ急にそんな場面が出てきたのか?

DSCF0121.jpg

そんな記憶が蘇えると・・・いつも出てくるのがあの時の我が家。

DSCN3037.jpg

信じられなかった。

何が起きていたのかも・・・。

すべて思いだせなくなっていることも・・・。

ただひとつ信じ続けていたことがあった。

たった一人お留守番をしてくれているベル親分の生存を・・・。

DSCN3012.jpg

おかあさんが「ベル・ベル・ベル」と呼びかけると・・・

びしょ濡れになりながらも懸命に生き抜いてくれたベル親分の姿が・・・

おかあさんの目の前に・・・

この命に私達は救われた。

愛する人達にさよならを言えない人々もいる。

今も、時間が止ったままの人も・・・。

記憶が薄れていっていることが怖い。

この3.11の真実を伝え続けなければ・・・・

とっさにテ-ブルの下に身を寄せたのか・・・

全ての家具が倒れ・・・津波が押し寄せた中・・・

ベル親分は、どのようにして命を守ったのか?

想像しても想像できない・・・。

想像もしたくないのが本音である。

想像するだけで胸が苦しく、一人にさせてしまったことへの後悔が・・・

自分の心から逃げているのかも知れない。

何度謝っても・・・この想いは一生背負って生きて行かなければならない。

ベル親分が必死で生き抜いてくれた命の重みを忘れてはならない。

DSCF0622.jpg

命!

命の大切さをこの月命日に思いださせてくれる。

DSCF0013.jpg

ジニ-の生き様からまた同じように命の大切さを教えられている。

生きたくても生きられなかった尊い命!

一日一日大切に生きなければ・・・心に刻み!

多くの御霊に誓いました。

IMG_5865.jpg

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

焦りました

昨夜、子分入浴中に地震が発生。

いつも思っていました。もし入浴中に地震が来たらと・・・。

それが現実に・・・東日本大震災の余震が23時56分に発生・・・

緊急地震速報がなったようですが

シャワ-で洗髪中の子分には聞こえませんでした。

何か揺れていると言う感覚はありましたワン。

おかあさんの大きな声で「地震だよ!」と声掛けされ

慌てて、スッポンポンのままウロウロ。

このまま大きな揺れになったら大変だと思い・・・身体をバスタオルで急いでふいて

服に着替え・・・避難の準備を・・・

DSCF8213.jpg

急いでふいたから、まだ濡れているところもあり、冷たいのなんのと大変でした。

さらに冷え込みもあり、子分の身体は低体温に・・・

DSCF8212.jpg

幸い、大きな揺れでなかったので、スト-ブで身体を温め復活。

この頃また余震が多くなりマグ二チュ-ドも6クラスに。

心を引き締めて、万全な避難準備態勢に入っていますワン。

このまま何事もないことを願うばかりですワン。

IMG_3526.jpg

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

震災から6年半

今日は、震災から6年半。

南三陸町歌津にあったコンビニエンスストア「セブンイレブン宮城歌津店」に

設置されていた郵便ポスト。

IMG_2469.jpg

震災で西表に漂着。

IMG_2487.jpg

南三陸町と西表島の直線距離は約2400キロ。

長い漂流を物語るように、ポストには貝類が付着。

IMG_2480.jpg

IMG_2486.jpg

IMG_2470.jpg

中には海藻らしきものも入っていた。郵便物は入っていなかったそうです。

IMG_2471.jpg

ポストを回収した沖縄支社の島仲貞克係長は

「たくさん人の思いが込もった手紙を受けて人の絆を結んできた

郵便ポストが、遠く沖縄の地で発見されたことを思うと、感慨深いものがある」と

話されたと書かれていました。

ジニ-もこの前で、絆を・・・

IMG_2489.jpg

IMG_2484.jpg

IMG_2483.jpg

IMG_2478.jpg

IMG_2475.jpg


非常時の課題は、「いかに生き残るか」「命を守る」ことには変わりはありません。

あの時、食べるものもなかった。

乾パンだけとか・・・その後おにぎりだけとか・・・

同じパンだけだったり・・・

確かにありがったけど・・・また同じ・・・とつい思ってしまいました。

今日の地元紙に日常食の延長「小まめに消費を」の記事が。

グルメ化しているがゆえに、普段食べている食材に置き換えて

非常時でも日常食の延長としての食事が可能になる。

早速実践してみることにしました。

この頃地震が多くなってきましたので、注意しています。

これ以上、災害が起こらない事を願っています。

DSCF1259.jpg

震災で亡くなられた皆様、日々復興していますよ。見守って下さいね。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

震災から6年5ヶ月

今日で震災から6年5ヶ月。

お墓参りに行ってきました。

IMG_2211.jpg

おかあさんの実父が眠る所から見える、私が住んでいる町。

防潮堤ももう少しで完成です。

おかあさんと子分の故郷である石巻。

よくこの海岸で海水浴をしたもんです。

まさか、この海が・・・多くの友や知り合いを・・・

IMG_2219.jpg

見つめていたら、震災前の光景が蘇えって来ました。

夢であってほしいと思うより・・・

何で・・・何で・・・

答えの見つからない答えを探し続けています。

墓石に刻まれた3月11日を目にしたら・・・胸が苦しくなりました。

この東日本大震災を伝え続ける事で、減災につなげ、

大事な命を守ってほしいと願わずにはいられません。

豪雨災害も発生し、どのようにすれば命を守れるのか・・・

もう一度、住んでいる地域を見渡、指定避難所、津波避難ビルの場所、

逃げる場所やル-トを確かめてもらいたいです。

IMG_2297.jpg

DSCF8079.jpg

俺様もあの時のことを想い出すだけで・・・とっても怖かったワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
次のページ>

プロフィール

ベルくん

Author:ベルくん
ベル&ジニ-のブログへようこそ!
12歳11ヶ月で虹の橋を渡ったベルと、大阪から来た保護犬ジニーが、ほのぼのとした日常をつぶやいています。

ベルくんカウンタ-

最新トラックバック

只今のベルとも

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR