老犬ゴ-ルデンベル親分と保護犬ジニ-のつぶやき日記

ベルくんとの生活

東日本大震災から6年2ヶ月

あの震災から今日で6年2ヶ月。

ここは宮城県岩沼市の千年希望の丘。

IMG_4190.jpg

千年先の子どもたちが笑顔で幸せに暮らせることを願って。

[広告] VPS


あの時存在していた集落。

大津波により甚大な被害を受けた岩沼市沿岸の6集落の位置を表わしているそうです。

IMG_4201.jpg

確かに、あの日まであった日常生活。

見慣れた家々。

瞳を閉じると、幸せだった日々が瞼に浮かんでくる。

その都度想う事は、なんで?なんでこうなってしまったの?

誰にも当たる事ができない心の葛藤。

祈る事しか出来ないけど、祈り続けます。

風化させているのは、自分自身だと思っています。

手を合わせ、語り続けて行くことを誓いました。

IMG_4205.jpg

DSCF2329.jpg

俺様も、寄り添いながら出来る事を続けて行くワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

忘れられない日

今朝、おかあさんの妹モコちゃんが眠っているお墓に

みんなでお参りに行ってきました。

あの日から13年が経ちました。

IMG_4638.jpg

とっても可愛いモコちゃん!

子分もリ-ドをもってお散歩したことがありました。

それが子分の生まれてはじめての散歩デビュ-。

不慣れな子分をモコちゃんがリ-ドしてくれました。

散歩したつもりが、モコちゃんに子分が散歩してもらっていたのでした。

昨日の出来事のように、毎日写真を見ながら思いだしています。 合掌

IMG_4649.jpg

ジニ-ちゃんも一緒にお参り。

CIMG0356.jpg

ジニ-ちゃんと家族になれたのも、モコちゃんがいてくれたからです。

モコちゃんがいなければ、もしかして・・・

すべては繋がっていたのかも知れません。いや繋がっていたのです。

CIMG0340.jpg


今日は、東日本大震災から6年1ヶ月。

子分の母校である中学校が被災後、6年越しに誕生。

新校舎を待ちわびていた生徒や保護者や地域の方々の思いが・・・。

被災後、内陸部の小学校の敷地内の仮設校舎で過ごした生徒達。

スク-ルバスに乗って行く姿を見ながら、心の中で「フンバレ」と応援することしか

出来ない事に、どこかやりきれない思いもした。

仮設住宅から仮設校舎に通い学んで卒業していった生徒達もいる。

母校は、仮設の中学校だったと・・・一生心の中に。

しかしその仮設中学校もいずれ解体される。

その生徒達の母校が無くなる現実。

新校舎は子分の家の近くに完成し、友達と楽しそうに話しながら通学している

姿を初めて見た時、涙が込み上げて止まりませんでした。

後輩たちの笑顔が復興の確かな歩みを感じさせてくれた瞬間でもありました。

この笑顔がいつまでも続くことを願って・・・。

母校が災害から子どもたちと地域住民を守る学校であってほしいものです。

DSCF3390.jpg

立派な大人になれるように、地域住民一丸となって俺様も見守っていくワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

七回忌法要

今日は、子分の実父の七回忌法要。

糖尿病から人工透析になり、石巻赤十字病院に入院中に

あの東日本大震災が発生。

人工透析が週3回から震災の影響で回数が減り18日後の

平成23年3月29日にその生涯を閉じました。

その後、東日本大震災の関連死認定。

お経と木魚と鐘の音を聞きながら、様々な思い出が・・・

IMG_4320.jpg

震災が起きなければ、現在も透析しながら生きていたのかな!とか・・・

込み上げてくる涙・・・。

合掌していると、自然と心が落ち着いて行く。

見守っていて下さいね!と心の中でつぶやきながら焼香。

IMG_4328.jpg

法要が終わり、和尚さんからお話がありました。

一番初めに見た桜の花弁で綺麗と思ったのがお父さんですよ!と・・・

生前より、別れた後の方が、話したくて仕方がない。

気付くのが遅かった。

菩提寺も震災により大規模半壊に・・・。

檀家の皆様の中にも亡くなられた方も多く・・・。

供養塔が建立された。

IMG_4330.jpg

IMG_4334.jpg

IMG_4331.jpg

私は、お会いした事はないけれど、

いつもお空から見守ってくれていると思うワ~ン

合掌

IMG_4342.jpg

DSCF2947.jpg

いつも手を合わせて頂き、おじいさんも俺様も感謝しているワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

地震による目覚め

毎日地震が起きないように祈りつつ眠りにつく子分。

なのに、朝方の4時57分に福島県沖を震源とする地震が発生。

結構揺れが大きくユラユラも・・・

怖くて仕方ありません。

この福島県沖の地震発生も多くなっているので心配です。

6年前のトラウマが・・・

ちょっとだけでも揺れると・・・緊張が走り・・・心臓がドカドカに・・・

あの日も、怖くて怖くて仕方ありませんでした。

早く、おかあさんやベル親分に会いたくて・・・

自然と寒さと恐怖に震えながら涙が止まりませんでした。

初めて死を覚悟した瞬間でもありました。

もしあの時助かっていなかったら・・・

残された家族は・・・

今日は、隣町の女川町で被災した七十七銀行女川支店の行員の皆様に

手を合わせてきました。

CIMG9914.jpg

CIMG9917.jpg

CIMG9928.jpg

企業防災のあり方について問題提起されている。

CIMG9927.jpg

CIMG9926.jpg

制服姿に・・・涙が・・・

CIMG9924.jpg

私達もお世話になっている銀行での出来事に心が痛みます。

CIMG9925.jpg

なんで、高台に避難しなかったのか・・・残された家族はその答えを求めている。

CIMG9923.jpg

裁判は、遺族敗訴の判決が・・・。

それでも遺族は・・・語り部として・・・

慰霊碑に刻まれている「語り継ぐ命」を行っている。

CIMG9929.jpg

防災・減災は・・・本当に「語り継ぐ命」があってこそ守られるものだと思います。

CIMG9908.jpg

DSCF9522.jpg

今夜も気を引き締めて地震が起きた場合は迅速に避難するワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

震災から6年(七回忌)

東日本大震災から今日で6年。

2月28日現在、石巻市の犠牲者は関連死を含めると

3,552人となっています。

多くの命が奪われた市街地は更地になり、かさ上げが進み震災前の営みまでもが

埋まり、心の中に喪失感というのか、今まで感じた事がない気持ちが・・・

今日は、おかあさんと石巻市追悼式に参列してきました。

IMG_4295.jpg

想い出される亡くなられた方々の顔・・・顔・・・

無性に逢いたくて・・・逢いたくて

CIMG9812.jpg

多くのボランティアのみなさんや、支えて下さった皆様がいてくださったから

今日を生きさせて頂いております。

あの頃の記憶は、忘れることはないけど、薄れているところもあります。

伝え続けなければ・・・と思いつつ・・・

当たり前のことが当たり前ではない毎日を生きていきます。

追悼式が終わって、大川小学校に行ってきました。

CIMG9814.jpg

多くの方がお線香と手を合わせていました。

テレビニュ-スでも取り上げられていました。

助かった4人もこの6年必死に震災と向き合ってきました。

真実を語ろうとマスコミの前に出ただけで

出たがり屋とか・・・心無い方からの誹謗中傷。

なんであなた方は、助かったのかと。

どこにも当たる事が出来ない気持ちが・・・子供達にも・・・

CIMG9820.jpg

また、福島の子どもたちが受けているいじめの問題も。

避難した学校で子どもが「放射能がつく」等と言われている。

どこまで傷をつけられなくてはならないのか。憤りを感じずにはいられません。

あたたかく迎え入れてくれると思っていたら・・・

先生に、原発や放射能に関する正しい知識をもってもらう

教育の必要性があるのではないかと思う。

CIMG9818.jpg

ジニ-ちゃんの命の恩人Kさんよりお葉書が・・・

いつも胸に止め忘れないでいてくださっていることに

本当に感謝です。

素敵な言葉を私達に届けてくださっています。

忘れないで、いてくれるだけで十分です。

いつも本当にありがとうございます。

CIMG9802.jpg


先日、30年ぶりに子分の前職の同僚が横浜から子分に会いに

来てくれました。

聞くところによると、横浜で福祉関係の社長をしているとのこと。

震災後自分で出来るところから活動をしているとのこと。

今回は、石巻にいる子分の顔だけ見たくて寄ってくれたとのこと。

大きく成長した同僚を見て、とっても嬉しく、何より忙しい時間を

わざわざ子分のブサイクな顔を見に立ち寄ってくれた、その気持ちに

胸が熱くなりました。あの30年前の彼の姿が蘇えり、

現在の原点は、あの時があったからこそ立派な社長に・・・

なのに、同じ原点だった子分は、なぜに代表取り締まられ役のままなの?

当たり前に過ぎ行く日常が、いかに幸せだったのかを知ることができました。

7年目の今年も前を向いて復興の歩みを進めて行きます。

DSCF9723.jpg

これからもみんなの生活と復興を見守り続けて行くワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
次のページ>

プロフィール

ベルくん

Author:ベルくん
ベル&ジニ-のブログへようこそ!
12歳11ヶ月で虹の橋を渡ったベルと、大阪から来た保護犬ジニーが、ほのぼのとした日常をつぶやいています。

ベルくんカウンタ-

最新トラックバック

只今のベルとも

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR