老犬ゴ-ルデンベル親分と保護犬ジニ-のつぶやき日記

ベルくんとの生活

震災から6年半

今日は、震災から6年半。

南三陸町歌津にあったコンビニエンスストア「セブンイレブン宮城歌津店」に

設置されていた郵便ポスト。

IMG_2469.jpg

震災で西表に漂着。

IMG_2487.jpg

南三陸町と西表島の直線距離は約2400キロ。

長い漂流を物語るように、ポストには貝類が付着。

IMG_2480.jpg

IMG_2486.jpg

IMG_2470.jpg

中には海藻らしきものも入っていた。郵便物は入っていなかったそうです。

IMG_2471.jpg

ポストを回収した沖縄支社の島仲貞克係長は

「たくさん人の思いが込もった手紙を受けて人の絆を結んできた

郵便ポストが、遠く沖縄の地で発見されたことを思うと、感慨深いものがある」と

話されたと書かれていました。

ジニ-もこの前で、絆を・・・

IMG_2489.jpg

IMG_2484.jpg

IMG_2483.jpg

IMG_2478.jpg

IMG_2475.jpg


非常時の課題は、「いかに生き残るか」「命を守る」ことには変わりはありません。

あの時、食べるものもなかった。

乾パンだけとか・・・その後おにぎりだけとか・・・

同じパンだけだったり・・・

確かにありがったけど・・・また同じ・・・とつい思ってしまいました。

今日の地元紙に日常食の延長「小まめに消費を」の記事が。

グルメ化しているがゆえに、普段食べている食材に置き換えて

非常時でも日常食の延長としての食事が可能になる。

早速実践してみることにしました。

この頃地震が多くなってきましたので、注意しています。

これ以上、災害が起こらない事を願っています。

DSCF1259.jpg

震災で亡くなられた皆様、日々復興していますよ。見守って下さいね。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

震災から6年5ヶ月

今日で震災から6年5ヶ月。

お墓参りに行ってきました。

IMG_2211.jpg

おかあさんの実父が眠る所から見える、私が住んでいる町。

防潮堤ももう少しで完成です。

おかあさんと子分の故郷である石巻。

よくこの海岸で海水浴をしたもんです。

まさか、この海が・・・多くの友や知り合いを・・・

IMG_2219.jpg

見つめていたら、震災前の光景が蘇えって来ました。

夢であってほしいと思うより・・・

何で・・・何で・・・

答えの見つからない答えを探し続けています。

墓石に刻まれた3月11日を目にしたら・・・胸が苦しくなりました。

この東日本大震災を伝え続ける事で、減災につなげ、

大事な命を守ってほしいと願わずにはいられません。

豪雨災害も発生し、どのようにすれば命を守れるのか・・・

もう一度、住んでいる地域を見渡、指定避難所、津波避難ビルの場所、

逃げる場所やル-トを確かめてもらいたいです。

IMG_2297.jpg

DSCF8079.jpg

俺様もあの時のことを想い出すだけで・・・とっても怖かったワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

東日本大震災から6年4ヶ月

今日は、東日本大震災から6年4ヶ月。

今日の昼前に鹿児島湾を震源とする最大震度5強の地震が発生。

そして夕方には宮城県沖を震源とする地震も発生。

突き上げる地震で子分にも緊張が走りました。

6月末現在で、石巻市内の行方不明者は426人にのぼる。

帰りを待つご家族の気持ちを思うと心が苦しくなります。

IMG_1424.jpg

九州豪雨の被災地では、20人超の安否や行方がわからない方も。

そして、25人の尊い命が、災害によってまた奪われてしまった。

気象庁は数十年に1度の降雨による甚大な被害の恐れがあるとして、

福岡県朝倉市や同県久留米市、大分県日田市など31市町村

に大雨特別警報を出し、最大級の警戒を呼び掛けた。

その時のニュ-スを見ながら、早く避難して!とつい言ってしまった。

あの時と同じ光景が・・・。

どんな災害が起きるか誰にもわかりませんが、

常に最悪の状況を考え、安全に避難できる場所の確認はできると思いますので

非常袋と合わせて再確認をしたいと思いました。

DSCF1253.jpg

もうこれ以上、災害による犠牲者が出ない事を願っています。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

東日本大震災から6年2ヶ月

あの震災から今日で6年2ヶ月。

ここは宮城県岩沼市の千年希望の丘。

IMG_4190.jpg

千年先の子どもたちが笑顔で幸せに暮らせることを願って。

[広告] VPS


あの時存在していた集落。

大津波により甚大な被害を受けた岩沼市沿岸の6集落の位置を表わしているそうです。

IMG_4201.jpg

確かに、あの日まであった日常生活。

見慣れた家々。

瞳を閉じると、幸せだった日々が瞼に浮かんでくる。

その都度想う事は、なんで?なんでこうなってしまったの?

誰にも当たる事ができない心の葛藤。

祈る事しか出来ないけど、祈り続けます。

風化させているのは、自分自身だと思っています。

手を合わせ、語り続けて行くことを誓いました。

IMG_4205.jpg

DSCF2329.jpg

俺様も、寄り添いながら出来る事を続けて行くワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

忘れられない日

今朝、おかあさんの妹モコちゃんが眠っているお墓に

みんなでお参りに行ってきました。

あの日から13年が経ちました。

IMG_4638.jpg

とっても可愛いモコちゃん!

子分もリ-ドをもってお散歩したことがありました。

それが子分の生まれてはじめての散歩デビュ-。

不慣れな子分をモコちゃんがリ-ドしてくれました。

散歩したつもりが、モコちゃんに子分が散歩してもらっていたのでした。

昨日の出来事のように、毎日写真を見ながら思いだしています。 合掌

IMG_4649.jpg

ジニ-ちゃんも一緒にお参り。

CIMG0356.jpg

ジニ-ちゃんと家族になれたのも、モコちゃんがいてくれたからです。

モコちゃんがいなければ、もしかして・・・

すべては繋がっていたのかも知れません。いや繋がっていたのです。

CIMG0340.jpg


今日は、東日本大震災から6年1ヶ月。

子分の母校である中学校が被災後、6年越しに誕生。

新校舎を待ちわびていた生徒や保護者や地域の方々の思いが・・・。

被災後、内陸部の小学校の敷地内の仮設校舎で過ごした生徒達。

スク-ルバスに乗って行く姿を見ながら、心の中で「フンバレ」と応援することしか

出来ない事に、どこかやりきれない思いもした。

仮設住宅から仮設校舎に通い学んで卒業していった生徒達もいる。

母校は、仮設の中学校だったと・・・一生心の中に。

しかしその仮設中学校もいずれ解体される。

その生徒達の母校が無くなる現実。

新校舎は子分の家の近くに完成し、友達と楽しそうに話しながら通学している

姿を初めて見た時、涙が込み上げて止まりませんでした。

後輩たちの笑顔が復興の確かな歩みを感じさせてくれた瞬間でもありました。

この笑顔がいつまでも続くことを願って・・・。

母校が災害から子どもたちと地域住民を守る学校であってほしいものです。

DSCF3390.jpg

立派な大人になれるように、地域住民一丸となって俺様も見守っていくワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
次のページ>

プロフィール

ベルくん

Author:ベルくん
ベル&ジニ-のブログへようこそ!
12歳11ヶ月で虹の橋を渡ったベルと、大阪から来た保護犬ジニーが、ほのぼのとした日常をつぶやいています。

ベルくんカウンタ-

最新トラックバック

只今のベルとも

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR