老犬ゴ-ルデンベル親分と保護犬ジニ-のつぶやき日記

ベルくんとの生活

病院に行ったけど・・・

先日の日曜日、ジニーの病院へ行ってきました。
春の健康診断、血液・尿検査、ワクチン、フィラリア検査
検査は外注の為、結果が出るのは2週間後です。
去年は1週間後だったのに・・・。

IMG_5503.jpg

今回も、先ず体全身を触診してからワクチン注射、血液採取をしました。
そして以前から相談していた歯石取りの相談をして、血液検査に問題が
無かったら麻酔をして行う事に決め終了になりました。
あれ?乳腺の方は触診でどうだったのか言われてないな・・・?と思い、
「乳腺癌は触った感じ大丈夫ですよね?」と確認の為に聞いてみたら・・・
「えっ!何!今頃!!?聞きたい事あるなら最初に言ってくれなくちゃ困るよ!!!
次に待っている患者もいるんだから!今頃そんな事言ってきて!!まったく・・・」
とても強い口調で怒られました。
「診て下さっていたとばかり思っていたので・・・すみません・・・」ボソボソ答えました。
「(あなた)触ってみてどうなの!!?」と聞かれ、
「私が触る限りでは触れるものは無いと思いますが・・・」恐る恐る答えました。
先生は、面倒臭そうに触診(10秒程)して
「大丈夫じゃない!」と言われ診察が終了しました。

IMG_5557.jpg

これまでジニーの病院の獣医、看護師さんにはちょっと嫌な事を
言われたり冷たくあしらわれたりされた事がありました。
それでも、ベルの時代に何軒か市内の動物病院に行っていた中でも、
こちらの先生の腕は信頼出来る先生だったし、何よりジニーの悪性乳腺混合腫瘍を
見つけて手術して頂いた先生なので通っていました。
中耳炎の処置等は最高の手入れでビックリするくらいでした。
お陰でそれ以来ジニーはたれ耳の宿命である外耳炎等にはなっていません。
ベルは年に4回は病院へ行く位ぶり返していました(他病院)。

IMG_5442.jpg

2014年12月に悪性乳腺混合腫瘍手術をして以来、他の件で病院へ
行っても何も聞かなくても、再発は無いか触診してくれていました。
ずーっと経過観察して下さるものとばかり思い込んでいました。

これからは、聞きたい事はメモして最初に聞くように気を付けようと思うも、うっかり忘れる事もあるだろうし、話の流れで聞きたい事が出てくることもあると思います。
そんな時、怖くて聞けなくなったらどうしようか・・・。
モヤモヤした気持ちが続いていました。

IMG_5426.jpg

実は子分、恥ずかしい話ですが嫌な事言われそれ以来診察室に入りません。
おかあさんに任せっきり。
おかあさんも今まで何度も嫌な事があったのに一人で頑張ってくれていました。
なので、今回の事もおかあさんの話です。
今回は、流石におかあさんも大分凹んでいます。
病院変えるか?
ジニーのレントゲンも今までのカルテもある。
腕は信用出来る。
家から車で5分弱。
簡単には変えられない・・・。
気分屋の先生だから優しい時もある。
悩みます。

IMG_5559.jpg

今、病気と闘っている子達にしてみたらこんな事悩みになんか入らない!!
そうなんだ!
我が子が助かるなら何でもやるし頑張れる!
ジニーの体が第1!
先ずは検査結果を待つ。
この先ジニーが病気になった時、治したい!助けたい!
その気持ちが感じられなくなったら即変えようと思います。
そんな日が無い事を祈ります。

DSCF2420.jpg

先生!ジニ-ちゃんのことよろしくお願いしますワン。

ベルくんのお墓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
前の記事 ランちゃんご夫婦来石
次の記事 ひとっ走り

ママさん、お疲れ様でした。<(_ _)>
なんだか酷い言い方で、これは凹みますよね。
動物病院は動物もだけど、飼い主の心にも寄り添って欲しいです。

でも、腕も良くって病院も近いってなったら、やっぱり悩みますね。(ジニ―ちゃんの病気を早期発見して手術もして下さった事も考えますしね。)

優しい時もあるとか。
この先、ジニ―ちゃんにとって何が1番なのか。

まずは検査結果を待って、ジニ―ちゃんに何かあった時に再度考える、で、今は良いかもしれません。
でも、念のためにこれからは聞きたい事は全てメモにして持って行った方が良いですね。
ママさん、頑張れ!(何も気の効いた事が言えなくってすみません。<(_ _)>)
2017/05/18(木) 00:12:51 | URL | ラブ母  [編集]
はぁ・・・心が疲れる内容ですね~。
私はその先生にお会いした事がないので勝手に
想像して書いちゃいますけど、ポンポン物を言う
人って一見キツイけど、裏表がないように思います。
言葉は乱暴だけど、心までは乱暴じゃないと言うか・・
あんまり考えずに口に出ちゃうと言うか・・・
*少しは考えてから喋れよとは思いますけどw
悪気はないと思うんですよね。
例えば次回、わざとらしくメモを出して
「先生に前回叱られたから今回は聞きたい事を
メモして来ました!」って言っても
「え?そうなの?オレ、叱った?」って
あっけらかんとするような。。
いや、あくまでも私の想像ですよ。

先生にタイプがあるように患者にも(しっぽでは
なくその家族)タイプがあります。
先生は今後も態度は変わらないと思います。
もしもママさんが萎縮してしまい、聞きたいことも
聞けないとか、帰りに毎回本当にイヤな思いを
してしまうくらいなら他の病院に変えるのも
ひとつだと思います。
でも「腕は確か!」なようですので、じゃぁ
その先生より腕がいい先生がいる病院を探すのも
きっと大変ですよね。
ならば!!いい意味で前向きに考えて、その先生を
攻略しましょ♪きっと攻略法があるはずです。
できるなら私がその病院に行って先生を
観察したいくらいです~!!!
応援してます★
2017/05/18(木) 09:30:33 | URL | ハヌル  [編集]
風花ちゃん・ママさんこんばんワン。
ご心配いただきましてありがとうございます。
情けない子分で申し訳ございません。
少しずつ冷静さを取り戻している二人です。
検査結果を待って、焦らず考えて良ければと思っております。
お蔭様で、ジニ-の体調は安定しておりますのが、
この先何らかの病気になった時、先生がジニ-を助けたいと
言う気持ちがないと感じた時は即刻変えたいと思っています。
2017/05/18(木) 22:41:01 | URL | ベルくん  [編集]
rainちゃん・ハヌルさんこんばんワン。
ご心配頂きましてありがとうございます。
病院の先生にも色んな方がいるんだな~と思いました。
だけど、振り返ると良くしてもらったことも沢山ありました。
まあ人間だから・・・感情が・・・
ハヌル姐さんが一発かましてくれれば、先生も態度変えてくれるかも。
先ずは、ハヌル姐さんが考えてくれたシナリオで先生と向かい合ってみます。
攻略法を必死で子分も考えます。
2017/05/18(木) 22:59:33 | URL | ベルくん  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://beldog.blog.fc2.com/tb.php/1659-a89bd542

プロフィール

ベルくん

Author:ベルくん
ベル&ジニ-のブログへようこそ!
12歳11ヶ月で虹の橋を渡ったベルと、大阪から来た保護犬ジニーが、ほのぼのとした日常をつぶやいています。

ベルくんカウンタ-

最新トラックバック

只今のベルとも

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR